購入したいけどいまいち取り付け方法が分からない…

ロープジェスの取り付け方

 

「アンクレット」や「ジェス」は、猛禽を飼育する上で必要な脚の装具。

しかし、意外とその装着方法を説明できる人は少なかったりもします。

購入したものの付け方が分からない…

そんなお悩みの解消にお役立てください。

 

猛禽の脚に取り付ける専用のストラップを専門用語で「ジェス」といいます。

そんなジェスには様々な形状があり、取り付け方法も違います。

ここでは、一般によく利用されている「ロープタイプのジェス」と「レザータイプのジェス」のうち、

特に相談の多い「ロープタイプのジェス」の取り付け方法を紹介いたします。

 

■ロープ製

ジェスとリーシュが一体となっているのが特徴です。主に繋留器具に繋いで飼育する方に向いています。リーシュ一体型なので、ジェスやリーシュに不具合が生じた際は、一式交換しなければなりませんが、 樹脂製の強固なロープを使用しているので、レザーに起こり得る劣化がしにくいのも特徴です。

■レザー製

リーシュをジェスから取り外すことが可能で、別でリーシュを用意する必要があります。主に繋がずに自由に飛ばして飼育している方や、フライトトレーニングをされている方に向いています。レザーは天然素材の為、ロープジェスに比べて劣化しやすいですが、全てのパーツが独立している為、個別での交換が可能です。

 


取り付けに必要な道具

・ロープジェス
・アンクレット
・ハトメ
・ハトメプライヤー
※必要に応じてハサミ、ライター


 

★取り付けに必要なアイテムのサイズや詳細は下記のショッピングカートからご覧ください。★

ジェスリーシュアンクレットハトメプライヤー/ハトメ

 


 

 

アンクレットを取り付けましょう

  • アンクレットの穴に凸型のハトメを通します。

 

 

  • 脚に凸型ハトメが外側になる様に巻き付け、反対側のアンクレットの穴にハトメを通します。

 

  • 反対側から見ると、上図の様になります。見えやすいようにアンクレットのみの画像で説明しています。

 

  • 凸型のハトメに、ハトメのリングを被せます。
  • ハトメプライヤーで圧着します。色々な角度から強く圧着させましょう。詳しいプライヤーの使用方法は、お使いのハトメプライヤーの説明書をご覧ください。
  • 完成です。多少の歪み、衝撃でハトメが外れないかを確認しておきましょう。

 

 ロープジェスを取り付けましょう

  • ロープジェスのY字に分かれている片方をアンクレットの内側から通します。

 

  • 適当な長さの位置に結び目を作り、出来た穴にもう一度紐を通します。

 

  • 上図のような結び目となります。

 

 

  • 形を整えながらきつく結びます。

 

 

  • もう片方も同様に結び目を作ります。この時、結び目の位置が左右同じ長さになるようにします。

 

  • 結び目の先端はハサミで切り落としても良いですが、ライター等で炙ってナイロンを溶かし、結び目に強く当てることで、より強固な結び目とすることができます。
  • ライターで炙り処理をすると、上図の様に固い結び目を作ることが出来ます。
  • 完成です。紐を引っ張ってみて、結び目の部分が解けたり、ハトメを通り抜けたりしないかを確認しておきましょう。

 

 


 

★取り付けに必要なアイテムのサイズや詳細は下記のショッピングカートからご覧ください。★

ジェスリーシュアンクレットハトメプライヤー/ハトメ